墨成
青枠の作品はクリックすると拡大されます
坂本凌太朗(高校生)_作品
坂本凌太朗(高校生)_作品
坂本凌太朗(高校生)
古典の臨書は、客観的に自分を見つめることに繋がり、
それは傲慢になる自分を諫める事にも通じますね。
凝縮と拡散の相反する線状が余白を美しく際立たせています。
髙橋乙華(中学生)_作品
髙橋乙華(中学生)_作品
髙橋乙華(中学生)
美しい詩集でしょうか。それとも考えさせる哲学の本でしょうか。
美しくきめ細やかな感性の乙華さんですね。
文字の形も線も本当に素晴らしい。
澁川勇士郎(小学六年生)_作品
澁川勇士郎(小学六年生)_作品
澁川勇士郎(小学六年生)
包容力のある力強い「制度」ですね。
名前まで大きくどうどうとしています。
筆で書いた文字は説得力がありますね。
みんなが納得する制度を書きました。
石井 桃(小学五年生)_作品
石井 桃(小学五年生)_作品
石井 桃(小学五年生)
実に伸びやかで、どうどうとしています。
「誠」はゴンベンと成ががっちりと手を組み、
「実」はきりっと引き締まった線が上の字を支えています。
集中して書きましたね。
大山京華(小学四年生)_作品
大山京華(小学四年生)_作品
大山京華(小学四年生)
京華さんが住んでいる志摩は美しい海の景色が広がっていますね。
一点一画をキチンとていねいに大きく書けました。
見事です。
髙橋愛央(小学三年生)_作品
髙橋愛央(小学三年生)_作品
髙橋愛央(小学三年生)
大雨が降ったあとの雨上り。
嬉しさが半紙を飛び出してバイタリティーあふれる作品が出来ました。
線が生き生きしています。
温かな心も表現出来ました。