墨成
青枠の作品はクリックすると拡大されます
木村孔紀(高校生)_作品
木村孔紀(高校生)_作品
木村孔紀(高校生)
質実とは飾りけがなくてまじめなことですが、
怠惰な生活や欲張りからは得られない精神の高さが必要ですね。
無駄のない筋肉質の線状に喝を入れられたようです。
長谷川愛(中学生)_作品
長谷川愛(中学生)_作品
長谷川愛(中学生)
愛さんは三月に中学を卒業されて心機一転されたことと思います。
コロナで世界情勢も人類も今までと違ってくるでしょうが、
全てを糧とする逞しさが作品に表れています。
山田瑞季(小学六年生)_作品
山田瑞季(小学六年生)_作品
山田瑞季(小学六年生)
小学校卒業おめでとう。
立派に巣立ってゆく鳥の様に一つ一つの階段をきちんと踏み歩んで行く瑞季さんの姿が見えるようです。
名前まで堂々と理知的に書けました。
髙橋乙華(小学五年生)_作品
髙橋乙華(小学五年生)_作品
髙橋乙華(小学五年生)
冷静に筋道をたてて理路整然と考える乙華さんですね。
漢字と仮名のバランス、払いの線の勢いなど、字形も線状も強くスマートです。
長谷川創也(小学四年生)_作品
長谷川創也(小学四年生)_作品
長谷川創也(小学四年生)
暴れ狂っている馬のようですね。
「ば・馬」には驚きますが、「あ・れ」も負けないで大きく。
お習字を楽しんでいますね。
稲葉一穂(小学三年生)_作品
稲葉一穂(小学三年生)_作品
稲葉一穂(小学三年生)
どんな生きものでしょう。生命力にあふれた動物でしょうか。
線が強く勢いもあります。「生」は迫力があって、圧倒されました。
青枠の作品はクリックすると拡大されます
佐々木怜_作品
佐々木怜_作品
佐々木怜
草書は筆の裏を使ったり、リズムを取って緩急をつけたりと、多様な技術が習得できます。
精神を澄ませて毅然 と臨書しています。
安西愛_作品
安西愛_作品
安西愛
晴れ晴れとした「心機一転」ですね。 線も強く字形も整っています。
一字か二字の好きな漢字も毎月の有段課題です。色んな漢字を書いてみて下さいね。
青枠の作品はクリックすると拡大されます
小濱環_作品
小濱環_作品
小濱環
「巣・鳥」が特に素晴らしいですね。
「立つ」は画数が少ないので太く書くと良いでしょう。
四月から中学生。翼を広げて世界を学んで下さいね。
浅田來良_作品
浅田來良_作品
浅田來良
ものごとを理性的に考える力は、自分をしっかりと持って、
科学的に物事を捉えることが必要ですね。
「力」が見事。「考」は少し大きく書いてみましょう。
青枠の作品はクリックすると拡大されます
猪股由奈_作品
猪股由奈_作品
猪股由奈
いつもはおとなしい馬なのですね。
とてもていねいに心を落ち着かせて書いています。
名前までしっかりしていますね。整った清書ですね。
大山京華_作品
大山京華_作品
大山京華
動物は飼っているのですか。ていねいな筆の運びに愛情が感じられます。
あたたかく、強い線ですね。ますますお習字が好きになりましたね。