墨成
青枠の作品はクリックすると拡大されます
_作品
上野愛夏(高校生)
筆鋒を生かして筆の回転や細線の切れが良く、美しい線状を奏でた臨書。
細い線にも緊張感があるのは緩急をつけた運筆の成果ですね。
作品
鴫原希(中学生)
筆圧に変化をつけて、太い線は温かく強く、細い線は繊細でありながら心が通っています。
四文字の構成も良く見事なお清書ですね。
作品
阿部千波(小学六年生)
今年は雪が降らない暖かな冬ですが、「雪」は字形が整っていて線も美しいですね。
たくましい作品です。
_作品
髙橋乙華(小学五年生)
何と伸びやかな心でしょう。
楽しく意欲的な気持ちがあらわれています。筆の運びもとてもていねい。
素晴らしい感性が溢(あふ)れています。
_作品
大塚希美(小学四年生)
紙いっぱいにどうどうと大きく書けました。
筆の入れ方、止め方、払いなど、しっかりときちんと書けましたね。
_作品
小松崎このみ(小学三年生)
文字をあたたかく見つめ、柔らかく、強く筆を運んでいます。
上品でおいしそうな蜜豆ですね。
青枠の作品はクリックすると拡大されます
_作品
鈴木龍壽
やや墨が薄いですが、伸びやかな線状の臨書です。
草書もリズムを付けて丁寧に運筆しています。
_作品
深澤璃々花
筆鋒を駆使してしなやかで繊細、しかも凛々しいお清書です。
人を信じることは、自分をも信じることですね。
青枠の作品はクリックすると拡大されます
_作品
佐藤暁弘
「人権」は人が生まれながら持っている生命・自由・平等の権利。
筆を十分に使って深く、強く、伸びやかに書けました。
_作品
松本光基
心が素晴らしい。
筆が紙に垂直に立っているので、強くたくましいですね。
名前まで落ち着いて書けました。
青枠の作品はクリックすると拡大されます
_作品
白井沙英
筆をまっすぐに立てて、気持ちの良いほど姿勢も良いですね。
払いの線も勢いがあり、どうどうとしています。
_作品
滝波来望
力強く書けました。大きなみつまめです。
がんばりやの滝波さんですね。